“サットサンガ”って何?言葉の意味から参加した感想まで紹介!

ヨガをする仲間

あなたは“サットサンガ”という言葉を聞いたことがありますか?
多くの人にとって、耳なじみのない言葉かもしれません。私が初めてこの言葉を知ったのも、ヨガを始めてから何年も経ってからでした。今日はちょっとマニアックな“サットサンガ”について解説していきます!

サットサンガの意味

ヨガスタジオに集まる女性

  • sat(サット)…純粋、真理
  • sanga(サンガ)…集まり、集合体

サットサンガの文字通りの意味は“純粋な集まり”です。
ヨガの実践者が集まって、仲間との繋がりを感じながら呼吸法や瞑想の練習をしたり、キールタンというインド版の讃美歌を歌ったり、先生の講話を聴いたりするコミュニティのことを指します。もっと意味を広げると、一般的なヨガクラスも「ヨガを練習したい」という純粋な気持ちを持ったメンバーで構成された集まり、サットサンガです。簡易版サットサンガとして、レッスンの前にひとりずつちょっとだけ自分のことを話す時間を作っているクラスもあります。

何をするかは、主催者によってかなり幅があります。

サットサンガの目的は何?

話をする、話を聞く、歌う…これがヨガとどんな関係があるの?これが多くの方にとって一番疑問ではないでしょうか。これも主催者によってかなり幅があることが予想されますが、あくまで私の個人的な感覚では以下のような目的があると思います。

  • 安全な場所であるという信頼感の醸成
    ヨガを実践する場、そこに参加するメンバーはお互いを傷つけたり排除したりする関係ではないと実感を伴って理解していくことで、安心して練習に臨めるようになる。
  • 多様性を学ぶ機会
    いろいろな話をしたり聞いたりすることによって、価値観や考え方の違いなど多様性を学ぶことができる。
  • 共感性が育まれる
    自分と同じような悩み苦しみを他の人も感じているのだと知ることで、共感性が育まれる。
  • 癒しが起こる
    自分の悩み苦しみに共感してもらうことや、同じ「ヨガ」という目的をもった他者とつながることで癒しが起こる。
  • モヤモヤが解消される
    「なんかモヤモヤする」という漠然とした感覚が話すことによって整理され、何にモヤモヤしていたのか、解消するにはどうすればいいのかなど自分なりの答えが導きやすくなる。

普段マットの上で行なうアーサナ(ポーズ)の練習は自分と向き合うための時間ですが、サットサンガは他者とのつながりを育んでいく時間であるという側面も大きいです。

サットサンガに参加してみた

私は「自分のことを話すサンガ」と「キールタンを歌うサンガ」に参加したことがあるのですが、どちらも話したり歌ったりすることで外側に色々発散した結果、とてもスッキリしたのを覚えています。

自分のことを話すサンガ

自分のことを話すサンガでは、他の参加者の話を聞くことでつらいのは自分だけではない、みんな幸せそうに見えるけど大変なこともあるんだな…と感じたり、自分の悩みや苦しみに共感してもらうことで癒しが起こることもありました。

中でも私がもっとも大きく感じたことは、自分の中のモヤモヤを言語化して外に出し、誰かに受け止めてもらうだけでとても「ありがたい」という気持ちになったことです。なかなか自分の考えや気持ちを他者にさらけ出すことが少ない日常において、このような感覚は幸福感や癒しを感じるひとときになりました。

サットサンガでは自分の話したことに否定的な態度を取られたり、マウントを取られるようなことも基本的にありません。安心してありのままの自分を出せるコミュニティはそんなに多くないからこそ、仕事や日常での複雑な関係性でない、ヨガの学びを共にする仲間との時間はとても心地よいと感じました。

キールタンを歌うサンガ

キールタンを歌うサンガに参加したときは、とってもスッキリ!歌うことで発散するのはカラオケと似ている感覚でした。

歌うのはインド版の讃美歌なので、聞いたことのない“サンスクリット語”というインドの古い言語が並んでいて最初はびっくりするかもしれませんが、歌の意味や訳なども教えてくれます。ハルモニウムというアコーディオンのような楽器の伴奏の中で、最初は先生がリードして歌ってくれます。何度も何度も同じ旋律で同じフレーズを繰り返すので、だんだん慣れて覚えてきます。

インドの神様や自然を讃える歌を大きな声を出して歌い、みんなの声が重なり大きなバイブレーションを作ることはとても気持ちがいいです。合唱コンクールや、ライブのアンコールでみんなで歌っているような感覚に近いでしょうか…。ヨガを実践している仲間と一緒に空間を作り上げていくことで一体感を感じ、大きな幸福感に包まれたのを覚えています。

サットサンガに参加してみよう!

ここまでの解説を読んでサットサンガに興味を持ったら、ぜひ近所でサットサンガが開かれている場所があるか探してみましょう!どのヨガスタジオでも必ず開催されているという類のものではないので、もしかしたら探すのに少し時間がかかるかもしれませんが、見つかったときがご縁だと思って気長にアンテナを張ってみてはいかがでしょうか?

girasole yogaのプライベートレッスンは基本的にアーサナや呼吸法の練習しますが、ときには60分のレッスンの中でひとつもポーズを練習せずにゆっくりとお話をすることもあります。まさに2人のサットサンガです。

「月に何度か行くヨガスタジオの先生」というのは、生徒さんにとって丁度よい距離感なのかもしれません。共通の知人がいるわけでもなく、仕事で利害関係があるわけでもないので、何でも話しやすいと言っていただくことがあります。girasole yogaではいつでもサットサンガを受け付けておりますので、興味のある方はぜひお問い合わせください☺

お問い合わせはこちら

 

ヨガの学校「online girasole」を、10日間無料で体験してみよう!
online girasoleでは、週に4回のLIVEレッスン開催と、週に1本以上の新しいレッスン動画の配信を行なっています。いつでも何度でも見られるレッスン動画と、リアルタイムで繋がるLIVEレッスンを組み合わせて、オンラインでヨガを学んでみませんか?

online girasoleの詳細はこちら
10日間の無料体験もこちらからお気軽にどうぞ♪

お問い合わせはこちらから♪